2018.03.03更新

育毛メソセラピーとは?

AGA治療としてはAGA治療薬を用いて行われるのが一般的なAGAクリニックでの治療法です。
これらは投薬によるもので抜け毛の原因である男性ホルモンを抑制したり、頭皮の血行を良くするといったことで発毛を促すといった方法が行われています。
一方で育毛メソセラピーはAGA治療の主流である投薬のみに頼るのではなく積極的に頭皮環境を改善するための療法です。

育毛メソセラピーの内容としては医療薬を注射器などを用いて注入し、治療効果を得るというものです。
育毛の場合には毛乳頭細胞や毛包細胞を細胞レベルで活性化させるということを目的としています。
育毛剤や外用のAGA治療薬の場合も同様に細胞を活性化させるといった目的がありますが、育毛メソセラピーではより一歩進んで体内に注射器を使って注入するといった違いがあります。
また育毛メソセラピーでポイントとなってくるのが注入する医療薬の種類です。

育毛メソセラピーで使われている医療薬はクリニックで変わってきます。
種類としては薄毛の気になる場所に従来のAGA治療薬の成分を注入するといったものから、発毛に必要な成長因子を注入するもの、また必要なビタミンなどを注入するといったものなどがあります。
AGA治療薬の主要成分を注入するという方法としては内服薬や外用薬と異なって直接的に注入するのでより少ない成分で効果的に作用させることができますし副作用のリスクも下がります。
また成長因子により細胞を活性化させ、毛が成長に必要な成分を注入することで効果的に発毛を促すことができます。

また育毛メソセラピーでは注射器を使ってこれらの成分を注入するというものです。
注射器といっても従来の注射針を使って注入するものではなく超音波やレーザーを利用したりして行われます。
特にAGA治療のための育毛メソセラピーでは広範囲に注射する必要があります。
これらの方法を用いることで効果的に必要な成分を注入することができますし、治療のさいには事前の痛み止めなどを使って注射による痛みを改善させることができます。

育毛メソセラピーのAGA治療費相場とは

育毛メソセラピーは基本的には薄毛が気になる部位に対して、発毛するために有益な成分を何らかの方法で注入するというものでどのようなクリニックでもその治療方法に変わりはありません。
クリニックによってその注入する成分に関しては異なってきます。
投薬を中心とするAGA治療では処方箋医薬品が処方されますが、育毛メソセラピーではクリニックによってその内容が変わってくるためです。
このためクリニックによって育毛メソセラピーは治療方法が異なってきます。この治療方法の違いが治療費にも影響してきます。

育毛メソセラピーによる治療費でポイントとなってくるのが針を使用するかといったものです。
針を使用した場合の価格は1回あたり約7万円から8万円が相場で高額ですが、一方で針を使用しない場合の価格は約2万円が相場です。
注射器を用いる方法は丁寧に注入されるので、より効果的ですが、針を使用しない場合には超音波やレーザーなどを使って成分を浸透させる方法になります。
注射器を使って直接注入する方法と比べて効果はやや下がりますが、施術に掛かる時間も短くて済み頭皮への負担も少ないメリットがあります。

一方でどのような方法でも育毛メソセラピーでもAGA治療でも同様ですが、発毛に至るまでの効果が認められるようになるまで最低でも5、6回は施術しなければなりません。
期間としては半年から1年程度です。この理由としては活性化された毛根細胞によって発毛の効果が見られるまでに最低でも3ヶ月程度の時間が必要なためです。
このため1回あたりの治療費が低くてもトータルでは育毛メソセラピーは25万円から30万円程度の治療費が掛かるのが相場となっています。。