2018.02.22更新

AGA治療が出来る場所のメリットと治療費比較

AGA治療が出来る場所にもいろいろありますが、いちばん治療費が安く上がるのは自宅と言えるでしょう。
別に薬を使う必要はなく、食生活を見直したり生活習慣を改善したりするだけなら、最低金額はゼロ円です。
睡眠不足や栄養の偏りもAGAの症状を重くする一因と考えられますから、これだけでも抜け毛の進行が遅くなる可能性はあります。
AGAは恥ずかしい病気ではありませんが、治療に通っているのを知られたくない方もいるでしょう。
自宅であれば、誰にも知られることがないこともメリットです。

本格的に治療したいなら、医薬品の育毛剤や発毛剤を自宅で利用することが出来ます。
ただし治療費は毎月数千円以上になります。それでもエステサロンに通うよりは安上がりでしょう。
自宅治療のデメリットは、自分の症状を客観的に把握できないため、必ずしも自分に合った方法で治療できるとは限らないことです。
高価な医薬品を購入しても、効き目があまりない場合があり得ます。

AGAを治療するには、発毛や育毛を売り物にしているエステサロンに通うという方法もあります。
一般のエステでも不可能ではありませんが、発毛を専門に扱っているエステティシャンなら、独自のノウハウを持ち、ある程度の経験を積んでいると考えて良いでしょう。
治療費はサロンによって大きく異なりますが、月々数千円~数万円程度で、高額なところになると相当な出費を強いられます。

エステサロンのメリットは、優雅な雰囲気でリラックスしながら治療を受けられることでしょう。
設備も豪華で接客にも気を使っているサロンが数多くあります。ただし発毛効果で比較したとき、自宅よりも特別に優れているとは言えません。
エステサロンでは市販のものと同じ成分の育毛剤しか使用できず、医療行為にあたる治療をすることは違法になるからです。
確実にAGAを治療したい方にとって、エステサロンのコストパフォーマンスは必ずしも良好とは言えません。

AGA治療は皮膚科でも出来るって本当なの?

AGA治療は皮膚科や内科のクリニックでも取り扱っています。
AGAは男性ホルモンの影響で起きることが分かっており、現在では効果的な内服薬や外用薬が開発されています。
内服薬は飲むだけで薄毛を改善できるというメリットがあり、有効性も皮膚科学会で認められています。
医療機関だけに、市販の育毛剤には使用できない成分が含まれており、最も確実性の高い治療方法と言うことができるでしょう。

AGAは医療機関では重大な病気とは見なされないため、原則として保険は利用できません。
薬代は全額自己負担となり、診察費を含めて毎月1~3万円程度の治療費を見ておく必要があるでしょう。
それでも費用と確実性を考え合わせると、それほど高額とは言えません。
ただし内服薬は効果が出るまでに半年ほどかかり、服用をやめると再び薄毛が進行する場合もあるので、出費はかなりの期間にわたる可能性があります。

一般的な皮膚科では治療薬を処方してくれるだけで、日常的なケアまでは面倒を見てくれないところが大部分です。
これに比較するとAGA治療の専門クリニックは、さまざまな側面からAGAの改善をサポートしてくれるのがメリットです。
治療方法も内服薬を使う以外に、頭皮に薬剤を直接注入する方法や、独自にブレンドした成長因子を使う方法など、クリニックによって工夫を凝らしています。

AGA専門クリニックでは高い発毛効果を期待できる反面、治療費の相場も高くなっています。
毎月数万円から、トータルでは数十万円以上かかる場合もあります。
ただ発毛効果が半永久的に続くと謳っているクリニックもあり、本当ならば費用対効果は悪くありません。
支払える金額と治療効果を見極めて選ぶことが大切です。。